ハーブの地理(世界各地のハーブ)

北アジアのハーブ I ~北アジア の地理・気候・風土

針葉樹林(ロシア)

北アジアの地理的定義

アジアは一般的に、ヨーロッパを除いたユーラシア大陸の地域とされます。ユーラシア大陸の約80%がアジアとされる地域で、世界の六大州の中で最も大きな州です。
広大な地域に渡るアジアのうち、通常、アルタイ山脈以北を北アジアと呼び、主に、シベリアをその主要な地域として含みます。

ロシアを中心とした「北アジア」

ロシアを中心とした「北アジア」

北アジアはアジアの最北の最も広いエリアで、主にロシアのシベリア地域が、その中でも最も広いエリアとして含まれます。
国としては、ロシア、モンゴルが北アジアに含まれますが、ロシア東部とモンゴル東部は東アジアに含まれ、逆に、中央アジアのカザフスタン北部は北アジア含まれる、とする見方もあります。

北アジアの気候と風土

北アジアのほとんどの地域を占めるロシアは、その西をヨーロッパ、東を日本に接するほど、広大な土地を有しています。広い地域を占める一方、気候にはあまり多くの種類がなく、そのすべてが寒帯・亜寒帯気候に属しています。

ロシアの冬のタイガ

ロシアの冬のタイガ

厳しい気候ですが、広大なタイガ(=シベリア地方の針葉樹林)を有しており、ロシアは世界最大の森林国となっています。

ロシアの国土のうち、最も西側のヨーロッパに隣接した地域を除き、その東側の東西シベリア、極東の地域のほとんどが、広大なタイガを有しています。ロシアの森林のうち、人の手によって植林されたものは全体の1%程度とごくわずかで、国内のタイガは、そのほとんどが自然の原生林です。

ケッペンの気候区分
北アジア(ケッペンの気候区分)

北アジア(ケッペンの気候区分)

北アジア(ロシア)には、北極海に面した荒野のツンドラ気候、その南のシベリア内陸部のタイガ(大針葉樹林帯)などが広がります。
ケッペンの気候区分では、北部から、以下の気候が見られます。
(以下、アルファベットの記号は、上の気候図の各区分)

  • ツンドラ気候(寒帯)ET
  • 亜寒帯冬季少雨気候(亜寒帯)Dwb, Dwc, Dwd, Dsc, Dsd
  • 湿潤大陸性気候(亜寒帯)Dfb, Dfc, Dfd, Dwb, Dfb
  • 高地地中海性気候(亜寒帯)Dsc, Dsd
  • 亜寒帯湿潤気候(亜寒帯)Dfc, Dfd

どれも、寒帯と亜寒帯に属していて、非常に寒い地域です。

北アジア(ロシア)の風土と植生

ロシアなど、北方に広がる森林帯は、「北方林(Boreal forests)」と呼ばれ、寒冷な気候に適応した針葉樹(カラマツ属、アカマツ属、エゾマツ属、トドマツ属、チョウセンゴヨウ、トウヒ属、モミ属など)が生息しています。

夏の針葉樹林帯(ロシア)

夏の針葉樹林帯(ロシア)

また、広葉樹のカバノキ属、ハコヤナギ属も存在しています。

カバノキ(モスクワ郊外の都市オスタフィエヴォ / ロシア)

カバノキ(モスクワ郊外の都市オスタフィエヴォ / ロシア)

針葉樹林と広葉樹林は、ロシアの地域によってその優勢が異なり、シベリア中央部のエニセイ川の西では広葉樹が多く、その東では針葉樹が多くなっています。特に、シベリア中央部の東あたりでは、カラマツ属が優勢で、極東地域にいたると、針葉樹の中でも、モミ族やトウヒ属が優勢になります。

気温が低いことで、植物の生育にも時間がかかりますが、土壌中の微生物の活動期間も短くなり、そのため、土壌中の分解も遅くなり、土壌の有機物の堆積は厚くなります。また、タイガの土壌には、永久凍土*1)が存在することも、ロシアの針葉樹林帯の特長です。

北半球での凍土の分布(紫色の地域:永久凍土)

北半球での凍土の分布(紫色の地域:永久凍土)

  • 注*1)永久凍土:
    少なくとも2冬とその間の1夏を含めた期間より長い間連続して凍結した状態の土壌のこと。英語では「permanently frozen ground(永久に凍った土壌)」の意味で、1945年に「permafrost」という略語で初めて使われた。
永久凍土の地表

永久凍土の地表

永久凍土の上部は、夏の間、凍土が溶けている場所があり、そこではポドゾルという酸性の土壌が現れ、草原となります。夏の間だけに見られる、草やコケ植物が広がるツンドラの風景が現れます。

夏の永久凍土(ロシアより北方の、ノルウェー領ヤンマイエン島)

夏の永久凍土(ロシアより北方の、ノルウェー領ヤンマイエン島)

北アジア(ロシア)の環境問題と自然保護

最近では、南方の熱帯雨林と同様に、この北方林でも、森林破壊が問題となっています。特に北方林は、地球全体の水や大気を浄化する働きを持つため、北方林の破壊は、地球全体の環境における大きな問題です。

特に、タイガの樹木は永久凍土の上に生育しているため、タイガの破壊は、地球温暖化を進行させるとも言われています。*2)

ロシアの針葉樹林帯(=タイガ)

ロシアの針葉樹林帯(=タイガ)

  • 注*2)永久凍土はその内側にメタンガスを含んでいますが、このメタンガスは、同量の二酸化炭素の20倍の温室効果を持ちます。そのため、永久凍土に存在する森林が破壊されると、直射日光が永久凍土を溶かし、大量のメタンガスが大気中に放出されます。

ロシアのタイガから切り出された木材は、高度成長期以降の日本に、建材として多く輸入されてきており、日本は最大の輸出国でした。寒帯の木材は、太くて真っ直ぐな特長があり、建材として重宝されてきたのです。こうした伐採もまた、タイガの破壊につながっていると考えられています。

木材を積んだトラック(コリャジュマ / ロシア)

木材を積んだトラック(コリャジュマ / ロシア)

また、世界の他の地域と同じように、ロシアの動植物もまた、絶滅の危機にある種が多数あります。ロシアの希少かつ絶滅のおそれのある野生生物リスト「レッド・データ・ブック」では、種子植物だけで470以上の種が、絶滅の恐れがあるとしてリストアップされています。

こうした希少な種を守る役割も担い、ロシアには300以上の国立公園と自然保護区・庭園が指定されています。

例えば、バイカル湖の湖岸にあるバイカル自然保護区(Baikal reservate)は、針葉樹と広葉樹の森を含み、森林の占める割合は、保護区内の70%にものぼります。

これらの森には、787種の植物が生育しており、そのうち「希少種、固有種、残存種」にあたる植物は約40種にのぼります。

バイカル自然保護区(ロシア)

バイカル自然保護区(ロシア)

その他にも、広大なタイガの森を含む国立公園として、ショルスキー国立公園(shorsky national park)や、ケイノゼルスキー国立公園(Kenozersky National Park)が有名です。

「シベリア最高の国立公園」といわれるショルスキー国立公園(ケメロヴォ州)は、アルタイ山脈と西サヤン山脈の雪山を臨み、鬱蒼としたタイガの森を抱えています。滝や湖など、豊富な水源とともに、自然の景観のすばらしい場所は70ヶ所以上ともされます。

ショルスキー国立公園(ロシア)

ショルスキー国立公園(ロシア)

また、ケノゼロ(モスクワの北およそ880km)にあるケノゼルスキー国立公園(Kenozersky National Park)(アルハンゲリスク州)は、木造の教会や古代都市も含んだ国立公園で、美しい湖で有名です。なだらかな山々を臨み、広大な湿地とタイガの森も含んでいます。2004年には、ユネスコの「生物圏保護区」にも指定されました。

ケノゼルスキー国立公園(ロシア・アルハンゲリスク州)

ケノゼルスキー国立公園(ロシア・アルハンゲリスク州)

さらに、北ウラル山脈の西側斜面から東のタイガにかけて位置するコミ原生林(Komi Virgin Forests)は、その中に自然保護区や国立公園も含む、広大な自然保護区です。

コミ原生林(ロシア)

コミ原生林(ロシア)

低地や丘、湿地、氾濫原の島々も含まれ、様々な地形を有することから、その植生も豊富です。低高度の湿原地帯では、ミズゴケ、クランベリー、ツルコケモモ、コケモモ、ホロムイイチゴなどが生育しています。
丘では、ヤナギ、西洋ナナカマド、クロスグリ(クロフサスグリ)、エゾノウワミズザクラなどが見られます。
さらに、ウラル山脈の麓は北方林となっており、ヨーロッパアカマツや、より高地ではシベリアカラマツの林となっています。

> 北アジアのハーブ II ~ ロシアのハーブと、その利用